まずは無課金で『無料ポイント』を使うべし

無店舗(インターネット)型テレクラを利用するためには、会員登録が必須です。利用と同じくスマホからも登録出来るため、それほど手間はかかりません。
サービス提供サイトの多くは、新規登録会員に対し『無料ポイント』の進呈しています。そのため、必ずしも初回利用から課金をする必要はありません。まずは、この無料ポイントを活用して楽しみましょう。
無料ポイントにより通話できる時間は、数分〜10分程度です。とても短いと感じる人もいるでしょうが、そのサービス提供サイトの雰囲気を知るには十分な時間です。もし雰囲気が合わないようであれば、課金はせずに別のサービス提供サイトを探しましょう。
なお、雰囲気が良かったからといってすぐに課金する必要はありません。課金は24時間いつでも好きなタイミングで可能です。そのため、次回利用の直前でもまったく問題ありません。
テレクラを切っ掛けに出会い(デート、セックスほか)を求める場合は、多少多めに課金をして、余裕をもって通話できる環境を整えておくことをオススメします。良い感じに交渉している最中に(ポイント不足による)回線切断・・・では、あまりにも悲しすぎます。
当然ながら、必ずしも結果を得られるとは限りません。テレフォンセックスのみで満足する相手も多いということを、念頭に置いておきましょう。この辺りは、出会い系サイトと同様に運も絡んでくるので、諦めずに何度も挑戦することが大切です。

モテるのは聞き上手?お喋り好き?

テレクラ利用時、必ずしも会話をリードする必要はありません。なかには、リードしてくる(お喋りな)相手は好まないという女の子もいます。
マッチング後は、まず女の子がどのタイプなのかを観察しましょう。自分がリードしたいお喋り好きタイプなのか、それともこちらにリードしてほしい聞き上手なタイプなのか。それに応じて、ベストな対処法は異なります。
リードを好むお喋り好きタイプであれば、こちらは聞き手に徹します。どのような内容であっても、退屈さを悟られないよう聞いてください。
相談事を持ちかけられた場合、アドバイスは不要です。女の子が求めているのは“同意”や“同調”で、つまるところ自らの味方です。現実的なアドバイスによって気分を害する、少々我儘な女の子もいるため注意しましょう。
逆に、こちらにリードを求めるタイプであれば、女の子が楽しんでくれそうな話題を提供して盛り上げましょう。また一方的に話しかけるのではなく、質問を交えるなど“発言するタイミング”をつくってあげることが大切です。
途中で女の子が言葉を詰まらせても、急かしてはいけません。そういう性格なのだと受け止め、のんびり付き合いましょう。
いずれにせよ、紳士的な態度で接することが大前提です。またデートへの誘いは、信頼関係を得てからにしましょう。焦らず、遠回りをすることが成果へと繋がります。
なおスマホから利用する場合は、事前に通話プランの契約内容を確認しておくと安心です。

テレクラには向き・不向きがある

一昔前は、店舗+固定電話という提供スタイルだったテレクラ。しかしインターネットの普及と共に提供スタイルは変化し、昨今はインターネット+スマホほか、会員が各々自由なスタイルで利用できるようになりました。
テレクラのメリットは、料金さえ支払えばすぐに相手とマッチング出来ることです。そのため出会い系サイトの代わりに利用する会員も多く、様々な意味で賑わっています。
一般的に、出会い系サイトで知り合った相手とは、メール交流が基本になります。メールは自由なタイミングで送受信が行えますが、これはメリットであると同時にデメリットでもあります。何故なら、レスポンスの間によって気持ちが冷め、“もしかしたら”の可能性を潰してしまうためです。
しかし、通話で交流するテレクラであれば、このデメリットはありません。レスポンスはリアルタイムで行われ、質問への回答をすぐに得られます。そのため相手の気持ちを探りやすく、一気に勝負を掛けることも容易です。
当然ながら、誰にでもテレクラが向くとは限りません。『初めての相手と話すのは緊張する』『そもそも口下手の自覚がある』『何より利用料が高額』という場合は、従来通り出会い系サイトを利用したほうが良いでしょう。
逆に、話術に自信があり、度胸も備わっているのであれば、是非ともテレクラをお試しください。テレフォンセックスを目当てに利用している相手とマッチングすれば、セフレ関係に誘導することも容易いはずです。

利用先の賢い選び方

テレクラ(別称ツーショットダイヤル)を提供する専門サイトは、数多く存在します。しかし悪徳業者が運営する良からぬサイトも多く、可愛い女の子と会話を楽しむはずが、サポートの怖いお兄さんと会話することになる・・・なんてことも有り得ない事態ではありません。
これからテレクラに挑戦する人は、まず安全に利用できる専門サイトを探すところから始めましょう。
インターネット上の口コミやランキングサイトの情報は、あまり役立ちません。先程お話した悪徳業者が、集客目当てに自らのサイトを宣伝しているケースも珍しくありません。特に、高評価ばかりを集めるテレクラサイトは警戒してください。悪徳業者による自作自演の可能性が高いです。
そこでおすすめしたいのが、アナログ媒体に掲載された広告です。その中でも、女性向け雑誌に掲載されている広告が狙い目です。積極的に女性を集客しているテレクラサイトは、常に一定の会員が利用しており、良いマッチングを期待出来ます。また、駅前で配布されるポケットティッシュの広告も狙い目です。
何にせよ、気になるテレクラサイトが見つかったなら利用してみましょう。合わなければ、別のテレクラサイトを探せばいいのです。会話のコツさえ習得すれば、出会い系サイトよりも高い成功率でデートに繋げられます。セフレをつくることも、不可能ではありません。
なお、スマホから利用する際は、通話プランの契約内容を再確認しておくことをオススメします。

特典を活用して料金節約

無店舗(インターネット)型テレクラを提供するサイトの多くは、定期的にお得なキャンペーンを実施しています。テレクラの相場は1分100円〜200円ですが、キャンペーンを上手に活用すれば、1分100円以下で楽しめることもあります。これを、見逃す手はありません。
キャンペーンの内容は、サービス提供サイトごとに異なります。もっとも多いのは、通常の購入分におまけポイントが付加されるものです。ポイント単価はそのままに、1.3〜1.5倍の量が購入可能なので、軍資金が許す限り買い溜めしておくことをオススメします。
次に多いのは、ポイントの新規購入ではなく、既存ポイントの消費数に関するキャンペーンです。キャンペーン期間中は消費数が減少し、1分100円のところを80円で利用することが出来ます。お気に入りの相手がいるなら、この期間を狙って話しこみましょう。運が良ければ、実際に会う約束を取り付けられるかもしれません。
その他にも、抽選でポイントが当たるキャンペーンも盛んに実施されています。応募は、自動エントリーの場合もあれば任意エントリーの場合もあるので、チェックを欠かさないで下さい。抽選=当たりっこないと思い込んでいる人もいるでしょうが、これが意外と当たるものです。応募は0円で行えるので、見つけたらエントリーしておきましょう。
サービス提供サイトがスマホに対応していれば、これらキャンペーンの利用もスマホから行えます。面倒なことは一切ないので、率先して活用し料金を節約しましょう。

テレクラでテレセは可能か

かつては、店舗へ出向かなければ楽しめなかったテレクラ(別称ツーショットダイヤル)。しかしインターネットの普及と共に“無店舗型”のサービスが登場し、現在ではスマホから手軽に楽しめるサービスになりました。
テレクラの楽しみ方は、人それぞれです。人恋しさから会話を求める人もいれば、ちょっとエッチな会話をおかずにして自慰に耽る人もいます。
基本的にはアダルトコンテンツ扱いであり、エッチな会話を希望しても女の子はそれほど抵抗を示しません。しかし、何事にも順序は存在します。開口一番「エッチなトークを・・・」とお願いするよりも、自己紹介や雑談をした後、徐々に雰囲気をつくっていく方法がおすすめです。
徐々に雰囲気をつくっていく方法であれば、エッチな会話に抵抗を持つ女の子とマッチングしていても、かなりの確率でテレフォンセックス(通称テレセ)に持ち込めます。まずは、紳士的に話しかけ、女の子の緊張を解いてあげましょう。
女の子たちは順応性が高いので、打ち解けることが出来れば、どのような会話もすんなり受け入れてくれます。逆に、一度でも警戒心を与えると何一つ上手くいきません。「失敗した」と思ったら、新しい相手とマッチングし直しましょう。言い訳を並べるよりも、手っ取り早く確実です。
当然ながら、通話時間にはくれぐれもご注意ください。スマホから利用する場合は、通話プランの契約内容を確認しておくとより安心です。

男女交際系の記事で信頼できるかどうか?

いろいろな記事がインターネットに公開されています。その内容が信頼できるかどうかは、誤植があるかどうかを見てみるとある程度判別できます。たとえば、本当はらば確率と記載することを「確立」、科学と書くところを「化学」なんて書いているわけです。これだけでも記事の信憑性が疑われます。皆さんも参考にされる場合は誤植が多いかどうかをチェックするといいでしょう。

昔は男女の出会いでテレクラがあったのです

今は恋活アプリで男女の出会いをスマートフォンで探す時代です。敢えてテレクラなんかを使う人はいないでしょう。それよりも、テレクラのお店そのものもありません。なのにテレクラの記事を男女交際のところでテーマとして出してくることそのものに疑問があります。役に立つ記事ならばいいですが、今時テレフォンクラブの話題を出すことすら、その執筆者の意図が分かりません。インターネットですから好きなことを書けばいいのでしょうが、役に立たない無意味な記事はゴミとしか思えません。